吉田豊騎手彼女は中村愛で結婚?独身理由,年収も調査!吉田隼人と兄弟ジョッキー!! | ジョッキーの年収や嫁(結婚相手)等を調査するサイト「競馬ジョッキー倶楽部」

吉田豊騎手彼女は中村愛で結婚?独身理由,年収も調査!吉田隼人と兄弟ジョッキー!!

Pocket

スポンサーリンク

最近は目立つ場面は少ないものの実力を発揮し続けている関東の中堅騎手、吉田豊騎手
を今回は取り上げていきたいと思います。

現在、独身の吉田豊騎手の寛恕や結婚、独身理由、年収などを調査しましたので、早速ご覧ください。

スポンサーリンク

吉田豊騎手のプロフィールと経歴・成績

button-only@2x 吉田豊騎手彼女は中村愛で結婚?独身理由,年収も調査!吉田隼人と兄弟ジョッキー!!

引用元:netkeiba.com

吉田豊騎手は1975年に茨城県取手市で3人兄弟の次男として生まれていますが、いわゆ
る競馬サークル関係者ではありません。

競馬学校第10期生として1994年騎手デビュー、同期で現在も現役の騎手にはスティル
インラブで牝馬三冠を達成している幸英明、障害レースで活躍を続ける植野貴也、毎年
一桁台の勝ち星ながらもしぶく活躍を続ける岩部純二がいます。

また、現在は騎手を引退して調教師として活躍していますが、現役時代にはナリタトッ
プロードで菊花賞を制するなど活躍した渡辺薫彦も同期の一人です。

デビューから20年以上、美浦の大久保洋吉厩舎に所属していましたが大久保調教師の定
年勇退に伴い2015年からフリーとなっています。

勝利数は、JRA通算では2017年11月19日現在で1206勝、重賞は9つのG1勝利を含む
通算34勝、最近では今年のG3・中山金杯をツクバアズマオーで勝利しています。

競馬歴の長いファンの方は、代表馬に大久保洋吉厩舎と吉田豊騎手とのコンビでオーク
ス、秋華賞、エリザベス女王杯などを制したメジロドーベルをあげることと思います。

比較的どのような脚質の馬とのコンビもこなしますがデータ上得意な順は芝・ダート問
わず逃げ>先行>差し>追込です。

元々関東所属ということもありますが、主に関東主場(中山競馬場・東京競馬場)での
騎乗機会が多く、こと今年に至ってはここまで関西主場(京都競馬場・阪神競馬場)で
の騎乗機会はまだ一度もありません。

吉田豊騎手は吉田隼人騎手と兄弟!

2015年年末の風物詩、G1グランプリ有馬記念でゴールドアクターに騎乗し8番人気なが
ら1着となり世間を驚かせた吉田隼人騎手は吉田豊騎手の実弟です。

スポンサーリンク

他にも柴田兄弟(大知・未崎)、藤岡兄弟(祐介・康太)、鮫島兄弟(良太・克駿)、国分
兄弟(優作・恭介)、木幡兄弟(初也・巧也・育也)に横山兄弟(和生・武史)など兄弟
で活躍する騎手はいますが、現役の中で兄弟ともにG1ジョッキーは吉田兄弟のみです。

スポンサーリンク

2009年G3・福島記念では弟の吉田隼人騎手が単勝8番人気のサニーサンデーで1着、兄
の吉田豊騎手が単勝5番人気のトウショウシロッコで2着と重賞競走での兄弟ワンツー
という結果も残しています。

吉田豊騎手独身の理由?なぜ?

吉田豊騎手は現在でも独身です。

ネット上では色々憶測が書かれていますが、吉田豊騎手本人は昨年9月にテレビ東京の
ウイニング競馬で吉田隼人騎手・大久保洋吉元調教師と共にインタビュー取材を受けた
際に「結婚はしたいなと考えますよ」とコメントしています。

また、大久保元調教師からは、30歳代の頃から「結婚相手はいないのか」と言われてい
たと明かしています。

「相手がいないと始まらない」と豊騎手は答えていますが、弟の隼人騎手曰く「女心を
わかっていない」ということですので、決して相手の方がいなかったわけではなさそう
です。

吉田豊騎手の彼女は?結婚は?中村愛?

そんな吉田豊騎手の現在の彼女について、改めて今回調べましたが、詳細を確認するこ
とはできませんでした。

「吉田豊」をキーワード入力補助で検索をすると上位に「吉田豊 中村愛」と出てきま
すが、こちらも詳細を確認するには至っていません。

吉田豊騎手の年収は?

騎手の年収のうちレースに騎乗していればわかる獲得賞金や出走数によるもののみで計
算すると、昨年は年収約7700万円と計算できます。

つい最近まで厩舎所属騎手でしたので、以前からの比較は難しいですが、フリーになっ
てからはほぼ同じくらいの年収となっていると思われます。

ただし、今年は例年よりも少ない勝利数(11月18日現在で30勝)ですので、今年は年
収も少なくなる可能性はありますが、それでも騎手平均よりは上の額となります。

メジロドーベルと活躍していた20歳代のころには豊といえば東の吉田豊、西の武豊と言
われていましたが、最近は良くも悪くも落ち着いてきてしまっている印象があります。

元々、実力を兼ね備えている騎手なので、まだまだ活躍する機会はありそうです。

最近地味だからと言って軽視することなく、馬券検討の際には忘れずに追いかけ活躍を
見守りたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告