国分恭介騎手の嫁(結婚相手),年収は?国分優作と双子!引退情報はガセ!! | ジョッキーの年収や嫁(結婚相手)等を調査するサイト「競馬ジョッキー倶楽部」

国分恭介騎手の嫁(結婚相手),年収は?国分優作と双子!引退情報はガセ!!

Pocket

スポンサーリンク

柴田大知騎手・未崎騎手に続いてJRA史上2組目の双子騎手として活躍する国分優作騎手・恭介騎手の内、弟の国分恭介騎手を今回は取り上げます。

国分恭介騎手のガセ引退情報や結婚、国分優作騎手との関係や年収も調査しましたので、早速ご覧ください。

スポンサーリンク

国分恭介騎手のプロフィールと経歴・成績

button-only@2x 国分恭介騎手の嫁(結婚相手),年収は?国分優作と双子!引退情報はガセ!!

引用元:競馬学園

国分恭介騎手は1990年に茨城県で生まれています。

元々競馬界とは縁があったわけではなく、体格が小さかったことから競馬学校のパンフレットを母親が持ってきたことが騎手になる直接のきっかけとなりました。

競馬学校第25期生として2009年騎手デビュー、同期には2017年の皐月賞をアルアインで制し、G1初勝利を飾るなど重賞7勝の松山弘平をはじめとして、重賞3勝の丸山元気、双子の兄の国分優作、最近は障害レース中心に活躍中の小野寺祐太がいます。

所属は現在フリーですが、デビューから翌2010年末までは栗東の五十嵐忠男厩舎に所属していました。

勝利数は、JRA通算は2017年12月11日現在で221勝、重賞は1勝しています。(2010年G3府中牝馬ステークス・テイエムオーロラ)

重賞にはこれまで98回騎乗、G1も天皇賞(春)や菊花賞など5回騎乗していますが、馬券圏内に入ったのは2013年6月阪神競馬場でのG3マーメイドステークス・アグネスワルツでの2着が最後となっています。

芝よりはダートでやや好成績、差しや追込みより逃げや先行がやや好成績といった傾向はありますが、良くも悪くも特徴はあまりありません。

普段は関西の各競馬場で騎乗していますが、今年の夏は本格的に函館競馬場・札幌競馬場の北海道シリーズに初参戦しました。

競馬場ごとの成績となると、デビュー以来中山競馬場では18回騎乗して未勝利、東京競馬場は35回騎乗して上記、府中牝馬ステークスの1勝のみと関東主場ではほとんど結果を残すことができていません。

スポンサーリンク

国分恭介騎手引退のガセ情報!嘘!

2014年12月に出処不明の引退情報がネット上を駆け巡りました。

内容は国分恭介騎手が年内で引退してデビュー当時の所属厩舎であった五十嵐忠男厩舎で調教助手になるというものでした。

スポンサーリンク

どうしてこのような嘘情報が出回ってしまったのか詳細な顛末までは今回調べた範囲では確認できませんでしたが、ただし、御存知の通り、現在も国分恭介騎手は騎乗を続けていますので、完全にガセネタとなってしまいました。

国分恭介騎手の嫁は!結婚は?

国分恭介騎手はデビュー数年後には結婚していて2014年には子供も生まれています。

しかしながら、それ以上の詳しい情報は今回調べた範囲ではわかりませんでした。

国分恭介騎手と国分優作騎手は双子の兄弟!

button-only@2x 国分恭介騎手の嫁(結婚相手),年収は?国分優作と双子!引退情報はガセ!!

引用元:netkeiba.com

これまでも触れてきましたが、国分恭介騎手と国分優作騎手は双子の兄弟です。

デビュー直後こそ弟の恭介騎手が関西所属、兄の優作騎手が関東所属と分かれていましたが、デビュー2年後の2011年から優作騎手も関西所属となったため、兄弟で同じレースに乗る機会も増えています。

2013年2月17日京都競馬場の2レースと3レースでは共に1着恭介騎手2着優作騎手と2レース続けての双子兄弟連続ワンツーという珍しい記録も残しています。

国分恭介騎手の年収は?

騎手の年収のうちレースに騎乗していればわかる獲得賞金や出走数によるもののみで計算すると、2016年は騎手の平均年収をやや下回る約3500万円と計算できます。

今年(2017年)もここまで2016年と同じ23勝ですので、年収もほぼ同じ程度になるのではないかと想定されます。

デビュー2年目の2010年には自己最多勝となる52勝をあげていますが、基本的には毎年20勝前後の勝利数を続けている国分恭介騎手。

キャリア的にも若手から中堅に差し掛かろうとしていると言えますが、落ち着いた成績に満足することなく更なる高みを目指していってほしいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告