ディープインパクト…種牡馬産駒の特徴は早熟?種付け頭数や種付け料,成長力を調査!アニメウマ娘に登場 | ジョッキーの年収や嫁(結婚相手)等を調査するサイト「競馬ジョッキー倶楽部」

ディープインパクト…種牡馬産駒の特徴は早熟?種付け頭数や種付け料,成長力を調査!アニメウマ娘に登場

Pocket

スポンサーリンク

今回は競馬ファンで知らない人はいないであろうディープインパクトについて取り上げていきます。

ディープインパクトの血統・プロフィールや現役時代の戦績はもちろん、種牡馬としての実績、そして現在アニメ化されているウマ娘でのディープインパクトについてまであれやこれや調査しましたので、どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

ディープインパクトの血統・プロフィールと戦績

スペシャルウィークは2002年3月25日に現在の北海道勇払郡安平町にあるノーザンファームで産まれました。

button-only@2x ディープインパクト…種牡馬産駒の特徴は早熟?種付け頭数や種付け料,成長力を調査!アニメウマ娘に登場

引用元:netkeiba

父はサンデーサイレンス、母はウインドインハーヘアという血統です。

父・サンデーサイレンスは現役時代をアメリカで走り、1989年のG1・ケンタッキーダービーで優勝するなど輝かしい実績を残し、種牡馬として期待されて日本に輸入され1991年から社台スタリオンステーションで2002年まで種牡馬生活を送りました。

ディープインパクト以外にもスペシャルウィーク、ダイワメジャー、ハーツクライ、ゼンノロブロイ、スティルインラブなどを輩出したことで日本の競馬史上にその名を残し、一時代・一大勢力を築いたともいえる名種牡馬となりました。

母ウインドインハーヘアは現役時代をイギリスで走り、ドイツのGⅠを制覇するなどの成績を残した後、繁殖入りし、その後日本に輸入されました。

ディープインパクトと父母がまったく同じ兄であるブラックタイドは2004年にG2・スプリングSを勝利するなど結果を残した後、種牡馬入りし、競馬ファンの目にいまだに焼き付いているだろうキタサンブラックなどを輩出しています。

ディープインパクトの競争成績は通算14戦12勝2着1回失格1回で、勝てなかったのは2005年にハーツクライの2着に敗れたG1・有馬記念と唯一の海外レースとなった2006年フランスG1・凱旋門賞(3着・後に失格)のみでした。

重賞はG1で7勝(2005年皐月賞、2005年日本ダービー、2005年菊花賞、2006年天皇賞・春、2006年宝塚記念、2006年ジャパンカップ、2006年有馬記念)、G2で3勝(2005年弥生賞、2005年神戸新聞杯、2006年阪神大賞典)と通算10勝しています。

ディープインパクトの主戦騎手は武豊騎手で、出走した14戦すべてで騎乗しています。

武豊騎手は2017年までに日本ダービーを5回勝利しているうちの4回目がディープインパクトとのコンビでのものですが、2着のインティライミとの差は5馬身、タイムで0.8秒差と圧勝と言えるレースぶりでした。

スポンサーリンク

また、ディープインパクトの強さは単勝人気にも現れていて、国内で走った13レース全てで単勝1番人気、勝利した12戦のオッズは単勝1.0倍が1レース、1.1倍が7レース、1.2倍が2レース、1.3倍が2レースとなっていて、正に人気と実力を兼ね備えていました。

走っていると言うより飛んでいる感じ」と武豊騎手がコメントを残しているような走りに惚れ惚れした競馬ファンは少なくないと思います。

ディープインパクトの今現在は?

2006年の引退レースとなったグランプリ・有馬記念で見事に有終の美を飾ったディープインパクトは翌2007年から社台スタリオンステーションで種牡馬をスタートさせました。

button-only@2x ディープインパクト…種牡馬産駒の特徴は早熟?種付け頭数や種付け料,成長力を調査!アニメウマ娘に登場

引用元:netkeiba

その後12年経った今年2018年も種牡馬生活引き続き送っています。

2010年に初年度産駒が競走馬デビューしてから3年目を迎えた2012年以降6年連続でリーディングサイアーとなるなど既に種牡馬としても超一流、父・サンデーサイレンスの後継種牡馬の位置は確固たるものとなりました。

産駒の重賞勝利は2018年だけでも5月10日までの4ヶ月少しの間で先日行われたG1・NHKマイルカップのケイアイノーテックをはじめとして7勝、通算89頭で168勝(G1は29頭で40勝)しています。

代表的な産駒には、牡馬ではマカヒキ、キズナやサトノダイヤモンド、牝馬ではジェンティルドンナ、ショウナンパンドラやミッキークイーンなど錚々たる顔ぶれとなっています。

ディープインパクト産駒(子供)の特徴は?

ディープインパクト産駒(子供)の特徴として、競馬場に関しては福島競馬場や函館競馬場など小回りの競馬場での成績が他場に比べるとほんの僅かに劣るものの気にするほどのものでもなく、場所を問わず活躍できていることがわかります。

スポンサーリンク

button-only@2x ディープインパクト…種牡馬産駒の特徴は早熟?種付け頭数や種付け料,成長力を調査!アニメウマ娘に登場

引用元:netkeiba

芝とダートに関しては、ディープインパクト自体が芝のレースを使われていたこともあって、産駒も芝中心に活躍をしています。

ただし、ダートが走らないかというとそういうことでもなく、特に未勝利戦では芝と遜色ない成績を残しています。

それでも、オープン入り後は苦戦する傾向にあり重賞勝馬も2011年にG3・レパードSを勝利したボレアスのみとなっています。

スポンサーリンク

距離については、スプリント路線・ステイヤー路線といった短距離もしくは長距離での成績は多少落ちるものの、距離関係なく優秀な成績を残しています。

スプリント路線ではG1馬こそいないものの、2016年にはミッキーアイルが春のG1・高松宮記念、秋のG1・スプリンターズSで連続2着となっています。

ステイヤー路線も天皇賞・春こそ未勝利ですが、菊花賞は2016年にサトノダイヤモンドで制していますし、芝4100mの障害G1・中山大障害も2014年にレッドキングダムで制覇しています。

サクソンウォーリアが英2000ギニーを制覇!

ディープインパクト産駒は海外でも活躍の場を広げています。

先日も大きく報道されましたが、昨年2017年8月にアイルランドでデビューしたサクソンウォーリアは2歳時から3連勝でG1・レーシングポストトロフィーを勝ち、今年2018年の初戦となった日本では皐月賞にあたるG1・第210回英2000ギニーも見事に制しました。

次走は6月2日にエプソム競馬場で行われる英ダービーを予定しており、その先には日本で言う菊花賞にあたる英セントレジャーも出走を視野に入れ三冠を目指して現在調整が進められています。

また、ディープインパクト産駒は今年は他にも仏ダービーにもスタディオブマンが出走予定、英オークスにもセプテンバーが出走を検討していていずれも有力候補の一頭となっています。

ディープインパクトの産駒数は?早熟馬が多い?成長力は?

ディープインパクトの産駒数は初年度2007年は生産頭数152頭、その後161頭→118頭→140頭→151頭→159頭→181頭→176頭→157頭→162頭と推移しています。

種付け料は2007年の初年度は1200万円でその後上下しましたが、近年の成績を受けて高騰し今年2018年は3倍超の4000万円となりました。

それでも、現在の活躍を考えれば、まだ暫くの間は同じような頭数が毎年誕生しそうな状況です。

先程、ディープインパクト産駒の特徴について触れましたが、最も特徴的な傾向として極端ではないものの早熟傾向があります。

馬齢別の成績で集計した場合、3着以内に入った割合(=複勝率)は2歳が49.7%と約半数を占めているのに対して、3歳35.7%→4歳33.0%→5歳26.0%→6歳21.5%→7歳20.7%→8歳17.1%と明らかに歳を重ねるごとに成績が下降していきます。

8歳になると重賞を勝ったのは2016年にG3・新潟大賞典を制したパッションダンスのみとなっています。

ただし、成長力に乏しいというわけではなく重賞勝利数では3歳でピークは迎えても4歳・5歳ではある程度能力を維持し6歳以降下降するという傾向が見られます。(2歳16勝→3歳74勝→4歳29勝→5歳32勝→6歳11勝→7歳5勝→8歳1勝)

ディープインパクトはアニメ・ウマ娘には?

2018年春クールのアニメで注目を集めているのがTOKYO MX、関西テレビ、BS11などで2018年4月から全13回の予定で日曜深夜に放送されているアニメ・ウマ娘です。

button-only@2x ディープインパクト…種牡馬産駒の特徴は早熟?種付け頭数や種付け料,成長力を調査!アニメウマ娘に登場

引用元:ウマ娘

アニメ・ウマ娘は、競走馬を擬人化しレースでの勝利を目指していくストーリーとなっていて、主人公はスペシャルウィーク、他にもサイレンススズカ、トウカイテイオー、ウオッカ、ゴールドシップ、エルコンドルパサー、グラスワンダーなどが名を連ねています。

しかしながら、アニメ版サイトのキャラクター紹介ではディープインパクトの名はありませんし、その他にもクロフネやオルフェーヴル、ブエナビスタなども登場していません。

一説には社台グループからの許可がおりなかったからという話も出ていますが、公式には発表されていません。

スポンサーリンク

ただし、ウマ娘に登場している馬たちは十分キャラクター揃いではあるのでストーリーは作りやすいはずです。

それに、2018年5月現在まだ全13回の半分に達したところですので今後ディープインパクトが何らかの形で登場するかも含めて展開を注目していきたいと思います。

また、スマートフォン向けゲームは2018年にリリース予定ということですので、アニメで登場せずともゲームでの登場にも期待を寄せたいところです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告